FC2ブログ

すべては心に寄り添う事。

すべては楽天的に。僕の師匠が残してくれた名言。その先奥にあるのは、きっと心に寄り添う事。

ここイタリアで気づいた事の一つです。
さてっ、
今朝は8:45にロビー集合でリハーサルに向かいました!ファビオさんはイタリア人なのに、結構時間に正確。鉄道よりも正確に迎えにきてくれました。そして、今回のドラムを担当して下さる方の自前のスタジオに到着。今回はバイクで転ぶトラブルなしで。。。

チャオ!チャオと言いながら、IQOSを手に、

これはイタリアと日本にしか売ってないんだよーとファビオさんに説明してました。ファビオさんはもちろん興味なし。さらにIQOSを作っているのはフィリップ・モリス社。そうその会社はここボローニャにあるのです!!僕も色違いのものを持っていたので、大変喜んでいました!スタジオはというと、凄いドラムセット。

そしてレコーディングできる環境がありました。

僕の事務所も、この位の音楽環境へ改装したいな~って思ってたので、とても参考になりました。
メンバー全員に山梨県観光大使らしいお土産を!



パッケージも味も素晴らしい。。。と、メンバー全員マンマミーヤ状態(笑) 喜んでもらえてよかったなー
演奏は前回の記事で紹介した通り申し分なし。まるっきり言葉が通じてないけど、心が寄り添っていくリハーサルは久しぶり。きっと本番は奏者とお客様とが一体となって楽しめるライブができそうです。メンバーもイタリア人のみんなが驚く姿を想像すると、楽しみでしょうがない!みたいな事を話してました。オカリナでこのレベルでライブ出来るのはマンマミーヤだそうです!?

初のイタリア上陸より10年。そして5回目のイタリア演奏。イタリアのオカリナ界を牽引してきたファビオ氏が客観的に私を解析し、より良いステージでき、さらにイタリア聴衆者に受け入れて頂けるように仕組んでくれているのが伝わってきます。
いつもありがとう!親愛なるファビオ!!
午後はファビオ家の接待を受けて、ご自宅で奥さんの手料理を頂く事になってました。自転車で迎えに来るファビオ氏。なんか似合わないが、彼の日常を見れて嬉しいなっ!

ご自宅僕の滞在しているホテルから徒歩1分の場所!!

お茶目だね~(笑)
家族全員で食事を作っている姿は大変微笑ましいです。

しばし温かい空気に包まれて。

僕の好きなものばっかり!!お米が食べたいという事を察知していたのか、ありがたきライスが。。。

心に染み渡る美味さ。ホントにボーノ!!
ベランダから見える風景はまさに絵画のよう。。。

美しい過ぎて言葉を失います。
博物館に入りきれないようなコレクションも、ここファビオ博物館?!にありました。

では、食後のデザートにと、このマンションの1階にありジェラート屋へ向かいます~

娘さんは美味しそうなものを注文していたので、同じものを!彼女も僕に慣れていて、嬉しそうでしたよ。生まれた頃からよく見るジャポネーゼだな。。。って思ってるのでしょうね。
チョコミントと甘草味のアイス。旅の雑誌でも紹介されている名店でした!うまいね!!

夕方からファビオさんはレッスンに向かうため、ここでバーイ!!
まだ時間があるので、僕はボローニャの中心部に何軒かあるゲーム専門店へ向かいました。そう、クレモナで見た任天堂スイッチが僕の後悔生んでいたのです。
クソっ!ここボローニャで、もっと安く探してやる!!
3軒目にセールやってるとこ見つけました!

税込なんで日本より安いし、何より持って帰れる!
もちろん、僕のじゃなくて、子供達へのお土産ですよ~ いつも父親らしい事、あまりしてあげられないからな。。。
僕自身へもポコ土産買いました。イタリアしか売ってないIQOS用のタバコ。

これは外部の方にはニコチンとタールの副流煙被害がほとんどなし。吸っている本人もニコチンはゼロ。タールは約0.5mg。それでいて、結構吸いごごちはいいですよ。更にイタリアものはもっといい感じ。味は本物のタバコの方がいいですが。。。事務所で作曲や編曲中にバクバク吸うために買いました!!
帰り際にこんな風景に出会いました。

ちょっと違うけど、ナベと俺がツーリングしてる感じ。
ごはんと醤油以外にも禁断症状が出てきてしまった。
早く帰ってバイク乗りて~っ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ocarinista

Author:ocarinista
国立音楽大学音楽学部器楽学科サキソフォーン専攻在学中にオカリーナと出会う。サキソフォーンを服部吉之氏、下地啓二氏、吹奏楽法・音楽表現技法を榊原達氏、ピアノ・ソルフェージュを故 榊原純子氏に師事。2004年10月プロ活動開始し、同年12月波多野杜邦氏制作のトリプレットオカリーナ「イカロス」の提供を受ける。2006年イタリアで東洋人初のリサイタルを開催後世界中から賞賛され、国際的に活動する。2014年6月アメリカニューヨークのカーネギーホールで開催された日米親善オカリナフェスティバルにソロ演奏。国内ではサントリーホール・東京オペラシティ、すみだトリフォニーホールなどの著名ホールでリサイタルを開催し、伊勢神宮・伊弉諾神宮・石山寺・二条城などの歴史遺産でもコンサートを行う。また、作曲家「服部和彦」氏に4曲の楽曲提供を受ける。これまでに国内で8枚・海外で4枚のCD、3枚のDVDを世界的に発表。楽器創作では、2008年5月㈲林楽器商会より「Osawa Noble Ocarina」、2010年4月㈱プリマ楽器より「Osawa Ocarina」、いずれも3オクターブの音域を持つトリプレットオカリーナを全国発表し、複数管オカリーナの世界的普及に貢献する。執筆活動では、2013年6月「絶対!うまくなるオカリナ100のコツ」(ヤマハミュージックメディア)、2014年3月「ダブル&トリプルオカリナ入門」(プリマミュージック)を発表。2016年11月「トリプルオカリナコンサートレパートリー」(プリマミュージック)を2巻同時に発表。作編曲家としては、2012年8月に自身初となる全曲オリジナル曲で構成されたアルバムを発表。クラシック、ポップス、ジャズ等、全てのジャンルで賞賛を受け、尚且つ、楽曲と楽器の創作もできる唯一無二の演奏家である。

2008年度国際芸術連盟音楽賞、第3回東京サミット音楽コンクール奨励賞を共にオカリーナで受賞。国際芸術連盟専門家会員。日本著作権協会準会員。フォーカリンク株式会社(台湾)エグゼプティブ・ディレクター、台湾オカリーナフィルハーモニー協会理事。韓国パンフルート・オカリナ協会マスタークラス教授。国際オカリーナアンサンブルコンテスト審査員。
イタリア・ブードリオ市名誉賞受賞。山梨市観光大使、山梨県公認の観光大使「やまなし大使」に就任。山梨オカリナ連盟顧問。

Majoring in saxophone in the instrumental performance department of the faculty of music at the Kunitachi College of Music, Satoshi Osawa first discovered the ocarina while still in school. With parents who were jazz musicians and a brother who performs on trumpet and ocarina, he was raised in a musically-blessed environment.

He began his professional career as an ocarina player in October 2004. In 2006 he became the first Asian ocarina player to give a recital in Italy. He subsequently went on to give concerts in seven different countries around the world, including Italy, South Korea, Taiwan, China, Germany, Austria, and the United States. In Japan, he has given recitals at major concert halls such as the Suntory Hall and Tokyo Opera City, and has performed at historical sites, including the Ise Jingu Shrine and Nijo Castle.

Developing a triple ocarina with a three-octave range, he has contributed the global spread of multi-chambered ocarinas. He won the 2008 Japan International League of Artists’ Music Award and was awarded an honorable mention at the third Tokyo Summit Music Competition. He is currently a professional member of the Japan International League of Artists and a member of the All Nippon Players Association. His reputation for expressing music from the soul precedes him as a next-generation ocarina player.

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク