FC2ブログ

楽器のリペア、オーバーホール。

実は他の楽器では1年に1、2度は調整に出すのが当たり前。ライバルのリコーダーにも、これ存在します・・・

僕はオカリナ奏者になる前、趣味でオカリナを楽しんでいました。楽器を吹くことはもちろん、造ることも。しかし運悪く私は陶芸が苦手。だから、市販されている陶芸が済んだものを購入して自分の息使いに合うように1つ1つトーンホールを調律して、自分にピッタリ合ったオカリナに再生して使用していました。トリプルオカリナ「イカロス」もその改良の中で基本調律が生まれたもの。波多野先生と試行錯誤した日々を思い出します。

オカリナ奏者になった現在でもコンサートの度に、使用する楽器を調律しています。それは、演奏する環境(温度、湿度、ピアノの調律とのバランス、自分の体調等)を配慮して、平均点を弾きだし、その日の調律を設定します。もっとわかりやすく言えば、オカリナ奏者の方は、寒い冬にオカリナ自体を温めたりしてピッチを整えますが、私はそのような事は一切しません。それは、楽器自体を温めるといった行為が、他の楽器に存在しないからです。僕の場合そのような時は、冷えて低くなる状況を想定して、楽器全体のピッチを上げるといった作業をリハーサル前に行います。暑い時はその反対。そう、環境は常に変化しているので、その環境に楽器の調律を合わせて、ピッチを気にせず、音楽の表現に集中するのが理想であると考えます。

それから音色について。他の楽器では、発音帯の状況を変える事で音色を変化させます。サックスというリード楽器をしていた私は、市販のリードを自分仕様に削って、好みの音色を何色も作っていました。しかしオカリナは、発音帯と楽器本体が一緒に焼き作られている為、音色の変化を曲の中で付けることは無理に等しいのです。だから私は同じアルトのC菅でも3、4個の音色を切り替えるために持ち歩きます。しかしこれも発音帯の調整次第で音色を変える事が可能です。サックスのリードを削っていた頃のような原理をオカリナのリードに施すことで、鳴りにくいオカリナをより鳴るようにしたり、わざと息の音を大きく出す発音帯にしたり・・・変幻自在に操るまでになりました。僕のプロデュースしている楽器はまさにその結晶。自分が理想としている調律と発音システムを自分の手で最終調整して皆様のお手元にお届けしています。

しかし、それ単なる僕自身の理想。この調律と発音システムがお客様個々に合っているとは到底思いません。しかし、僕の使用している理想の息圧力、音色のまま製品化している言う事は、その楽器のピッチを整えながら吹いていくと私と同じ音量、音色で演奏が可能という理屈が成立します。音量を変化出来ないオカリナですから。単純に考えて、その楽器を手にした瞬間、僕と全く同じ演奏が可能になるという事です。だから、

私の現在使用している息のコントロールと理想の音色をそのまま再現したのが、

    ●「Osawa Ocarina」シリーズ

僕の考え方だけではなく、メーカーの特性を活かして制作したのが、

    ●「Osawa Noble Ocarina」シリーズ

僕が実際に演奏で使用したい音色と調律nバランスが良いものだけをセレクトした楽器が、

    ●「ティアーモ大沢選定モデル」(数に限りがありますので、レッスンを行っている店舗限定商品です)

です。購入時の参考にしていただければと思います。
思わず話がそれてしまった。。。

◎そうそう、多分オカリナ会では初の試みではないかと思います、オカリナの調整会を開催します!しかも製作者でなく奏者がっ!!プロ奏者が演奏者の立場に立って、同じ視点から楽器に携わる事をしてもいいのでは?と思い、オカリナを愛する皆様とヤマハ名古屋店さんのご協力で実現しました。

気に入って買ったけど、何かピッチが悪くて使えない、気に入って使ってるけど高音が出にくい等、今お持ちのオカリナをご自身の息の使い方、好きなの音色に、私の調律ノウハウを駆使して調整を致します。あなたの息遣いをその場で読み取り、あなたにピッタリの調律を施してみせます。大沢があなたに乗り移る。僕の超必殺技公開です!

化けますよ。あなたのオカリナっ!

調律中


初の試みとして今回は特別サービスプライスで皆様のお悩みにお答えしていきたいと思います。詳細は↓

ヤマハミュージック東海名古屋店 オカリナ診断・調整会のご案内

明らかに粉々に割れている場合は「再生」という事になるので、調整での範囲でお持ちください。
既に3月19日はお陰さまで満員となりました。ご要望にお答えして、3月21日にもう一日追加致します。
ご希望の方は、お早めにお申し込み下さい!!

演奏なしで、オカリナフェアーに参加するのは僕も初めてだ。。。 しかし、色々な方、色々な楽器に出会える事を楽しみにしております。

コメントの投稿

非公開コメント

マニアック!!

ん~~~~!面白そうっ!!オカリナの音をそうやって・・
見えない所でいろんなことがされていて、それであの演奏なんですね~~~~!!!!!

NoTitle

たくさんの余計な事をあたかも何もしていないように表現する。これが演じて奏でる「演奏」ではないかと思います。自分自身をありのままには表現できない。しているとすればそれは、実は自己満足の世界。。。特にオカリナは自我を表出した瞬間に、オカリナが反抗して意思と反して表現してしまう不思議な楽器。だから楽しいんです。オカリナ^^
プロフィール

ocarinista

Author:ocarinista
国立音楽大学音楽学部器楽学科サキソフォーン専攻在学中にオカリーナと出会う。サキソフォーンを服部吉之氏、下地啓二氏、吹奏楽法・音楽表現技法を榊原達氏、ピアノ・ソルフェージュを故 榊原純子氏に師事。2004年10月プロ活動開始し、同年12月波多野杜邦氏制作のトリプレットオカリーナ「イカロス」の提供を受ける。2006年イタリアで東洋人初のリサイタルを開催後世界中から賞賛され、国際的に活動する。2014年6月アメリカニューヨークのカーネギーホールで開催された日米親善オカリナフェスティバルにソロ演奏。国内ではサントリーホール・東京オペラシティ、すみだトリフォニーホールなどの著名ホールでリサイタルを開催し、伊勢神宮・伊弉諾神宮・石山寺・二条城などの歴史遺産でもコンサートを行う。また、作曲家「服部和彦」氏に4曲の楽曲提供を受ける。これまでに国内で8枚・海外で4枚のCD、3枚のDVDを世界的に発表。楽器創作では、2008年5月㈲林楽器商会より「Osawa Noble Ocarina」、2010年4月㈱プリマ楽器より「Osawa Ocarina」、いずれも3オクターブの音域を持つトリプレットオカリーナを全国発表し、複数管オカリーナの世界的普及に貢献する。執筆活動では、2013年6月「絶対!うまくなるオカリナ100のコツ」(ヤマハミュージックメディア)、2014年3月「ダブル&トリプルオカリナ入門」(プリマミュージック)を発表。2016年11月「トリプルオカリナコンサートレパートリー」(プリマミュージック)を2巻同時に発表。作編曲家としては、2012年8月に自身初となる全曲オリジナル曲で構成されたアルバムを発表。クラシック、ポップス、ジャズ等、全てのジャンルで賞賛を受け、尚且つ、楽曲と楽器の創作もできる唯一無二の演奏家である。

2008年度国際芸術連盟音楽賞、第3回東京サミット音楽コンクール奨励賞を共にオカリーナで受賞。国際芸術連盟専門家会員。日本著作権協会準会員。フォーカリンク株式会社(台湾)エグゼプティブ・ディレクター、台湾オカリーナフィルハーモニー協会理事。韓国パンフルート・オカリナ協会マスタークラス教授。国際オカリーナアンサンブルコンテスト審査員。
イタリア・ブードリオ市名誉賞受賞。山梨市観光大使、山梨県公認の観光大使「やまなし大使」に就任。山梨オカリナ連盟顧問。

Majoring in saxophone in the instrumental performance department of the faculty of music at the Kunitachi College of Music, Satoshi Osawa first discovered the ocarina while still in school. With parents who were jazz musicians and a brother who performs on trumpet and ocarina, he was raised in a musically-blessed environment.

He began his professional career as an ocarina player in October 2004. In 2006 he became the first Asian ocarina player to give a recital in Italy. He subsequently went on to give concerts in seven different countries around the world, including Italy, South Korea, Taiwan, China, Germany, Austria, and the United States. In Japan, he has given recitals at major concert halls such as the Suntory Hall and Tokyo Opera City, and has performed at historical sites, including the Ise Jingu Shrine and Nijo Castle.

Developing a triple ocarina with a three-octave range, he has contributed the global spread of multi-chambered ocarinas. He won the 2008 Japan International League of Artists’ Music Award and was awarded an honorable mention at the third Tokyo Summit Music Competition. He is currently a professional member of the Japan International League of Artists and a member of the All Nippon Players Association. His reputation for expressing music from the soul precedes him as a next-generation ocarina player.

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク