FC2ブログ

韓国より帰国しました!

アジアいや、世界でも初の試みかもしれない、オカリナのアンサンブルコンクールが韓国で開催され、初の審査員として、イタリアからイタリアを代表するオカリナ奏者のエミリアーノ氏、日本から佐藤和美さん、そして私の3人で厳正な審査を行いました。





21組のアンサンブルが審査の対象となりましたが、どの団体もビックリする程上手で、驚きと共に、日本がおいていかれるのでは?!と危機感すら感じました。

全組演奏後、審査発表及び授賞式があり、ゲスト演奏へ。佐藤和美さんは超絶テクニック披露し、エミリアーノさんは韓国でアンサンブル指導を熱心にやられている事もあり、2人とも大歓声を浴びてました!佐藤さんとは神戸オカリナフェスティバル以来の再会。何でも吸収する柔軟性と確立された音楽。私にとってよい刺激になりました。そして私は、現地韓国人のジャズプレイヤーとセッション。



ピアノ:キム ソンペー
ベース:ホ チュンヨン
ドラム:チェ ヒョンチョン

当日30分しかリハーサル出来ないという決して良いと言えない環境の中、みんな頑張ってくれ、お客さんにも大変ご満足いただく事が出来ました。音楽に国境なし。演奏する側、聴く側との一体感。思い出すだけでゾクゾクする程でした。

私の演奏終了後は、何とゲスト奏者3人と山代奈々子さん、そして韓国のベストメンバーと7重奏を披露!前日に少しだけリハーサルが出来たものの、とても難しい曲を演奏。。。しかし、みんなサスガでした!!気持ちよかったな~っ!

そして、今回同行してもらった弟子の「ソ ヒャンス」。兵庫県宝塚市を拠点に活動するオカリナ奏者。そして在日韓国人。故郷のオカリナ事情を体感してもらうのが主なのに、常に通訳させてゴメンなさい。。。そして通訳と共に彼女のブログに今回の旅のレポートが僕より詳細書かれていますので、訪ねて見てください!

ソ ヒャンス公式ホームページ「スタジオ・コッシ」⬇

http://www.jttk.zaq.ne.jp/bakef007/top.htm

さて、明日は静岡、明後日、明明後日は東京でお仕事。そしてその翌日は、台湾へ飛びます。

生きていれば、自分を必要とする人が誰にも必ずいるはず。人は自分の為に生きられない動物。俺はそう思う。

それゆえに、

喜んだり、悲しんだり、苦しんだり。。。という感情が湧く。それを表現をするのが音楽であり、人生であると思う。

だから俺は、

世界中から必要とされれば、その気持ち、全身全霊で受け止め、最善を尽くす。

この命ある限り、俺は全力で自分と戦う。

コメントの投稿

非公開コメント

おかえりなさいませ!

しかし また これからも 縦横無尽に羽ばたかれますね。
韓国の芸術に対する意識が高いことは、よく聞きます。 競争心の延長に、プロ意識が あるのでしょうか。
そして 感情のことを 記されているので、 もう少し書かせて下さい。
悲しくても それを出せなくて、逆に笑って 堪えてしまう。
大沢師匠
これを 大人になった(歳を取った!?)と 思って良いのでしょうか。
balletなのに、声出しながら 踊っている日々!?ですが。
追伸 師匠が 「俺」と 綴られると、どきどきしますね。

No title

まりあさん、いつも温かいメッセージありがとうございます!

韓国のサムスンという会社が、世界をリードしてきた日本のソニーを脅かす存在になった事が象徴で、これが芸能、音楽の世界にも浸透してきている現在、私のオカリナ界でも同じことが言えます。

コンクールの審査をして改めて気づいたのは「驚異と脅威」。

もう世界では、日本のプロオカリナ奏者では通用しないレベルに達しています。アマチュアの方でも、相当魅力的な演奏をしているのです。

しかし、だからこそ出来る事もあるはず。

強烈な個性を活かし、誰も真似できない存在にこそ、高い価値観を感じます。僕が僕でよかった事。生まれてきてよかった事。生きていてよかった事を実感出来る機会になりました。

日本人だからできるとこ。

まだまだあるのではないでしょうか?!
ちなみに最優秀賞の賞金は、日本円でなんと!!

約35万円!!

主催側、演奏者側の情熱を感じない訳がないですね。
未知の経験でした。




お疲れさまでした。

久し振りに大沢さんとフランクに話せたのが一番の収穫でした!

外国は、そういった雰囲気にさせてくれますね!

世界のオカリナ事情を、生までお聞き出来たことも勉強になり、日本にいても大きな世界観を持つことの大切さを知りました。

Thank Youです!

No title

小針さん、韓国遠征、大変お疲れさまでした!アジアでもよりイタリア的アバウトさを一番強く感じる国で、日本人の繊細さを理解して頂けないような状況でしたね。。。しかしその逆境だからこそ本来の力を発揮出来るのが日本人。現地で見た日本人の印象でした。格段に上達した韓国オカリナ界のなかで、日本人力合わせてその素晴らしさを伝えられた事、そして小針さん、佐藤さんと共に演奏出来た事に感謝しています。

そして、

小針さんが、佐藤さんの事を自分事以上に考え、真のプロデューサーであること。そして魅力ある日本男児である事に感動しております。

これからも日本のオカリナ界発展の為に共に頑張っていきましょう!

戦わず、大事に、大事に。。。(^^;)

 >この命ある限り、俺は全力で自分と戦う。
いや~、そんな~、、、戦わずに大事に大事に。。。生身の身体が資本ですから。お忙しいのはそれだけ皆さんが大沢さんを求めていらっしゃるのだと思いますが、続けていくためにも御身体を保つことも仕事のうちですよね。。。遠くからですがあまりの過密スケジュールに心配になってしまいます。。。。(^^;)まだまだなが~く、素敵で元気な大沢さんでいらっしゃっていただかないと皆が困ります。

 日本人のきめ細やかな技、わびさびの心、高貴な響き、これは誰も真似のできるものではないと常々思います。オカリナに限らず様々な分野の音楽を聞いても静かながら脈々と受け継がれて行ってるな~と感じています。異国で吹かれる方、皆が日本で培われたものを胸を張って演奏できると良いですよね~♪e-287

No title

ののさん、メッセージありがとうございます!只今台湾から帰国しました。
自分を大切に生きている人間には偉業は達成出来ないと思っています。。。 僕も偉業はどうでもいいですが、がむしゃらに生きていた方が、生きている実感を感じる事が出来てより幸福に感じてしまう、困った生き物です。限りある命。続く限り走り続けていきます(^ー^)ノ
プロフィール

ocarinista

Author:ocarinista
国立音楽大学音楽学部器楽学科サキソフォーン専攻在学中にオカリーナと出会う。サキソフォーンを服部吉之氏、下地啓二氏、吹奏楽法・音楽表現技法を榊原達氏、ピアノ・ソルフェージュを故 榊原純子氏に師事。2004年10月プロ活動開始し、同年12月波多野杜邦氏制作のトリプレットオカリーナ「イカロス」の提供を受ける。2006年イタリアで東洋人初のリサイタルを開催後世界中から賞賛され、国際的に活動する。2014年6月アメリカニューヨークのカーネギーホールで開催された日米親善オカリナフェスティバルにソロ演奏。国内ではサントリーホール・東京オペラシティ、すみだトリフォニーホールなどの著名ホールでリサイタルを開催し、伊勢神宮・伊弉諾神宮・石山寺・二条城などの歴史遺産でもコンサートを行う。また、作曲家「服部和彦」氏に4曲の楽曲提供を受ける。これまでに国内で8枚・海外で4枚のCD、3枚のDVDを世界的に発表。楽器創作では、2008年5月㈲林楽器商会より「Osawa Noble Ocarina」、2010年4月㈱プリマ楽器より「Osawa Ocarina」、いずれも3オクターブの音域を持つトリプレットオカリーナを全国発表し、複数管オカリーナの世界的普及に貢献する。執筆活動では、2013年6月「絶対!うまくなるオカリナ100のコツ」(ヤマハミュージックメディア)、2014年3月「ダブル&トリプルオカリナ入門」(プリマミュージック)を発表。2016年11月「トリプルオカリナコンサートレパートリー」(プリマミュージック)を2巻同時に発表。作編曲家としては、2012年8月に自身初となる全曲オリジナル曲で構成されたアルバムを発表。クラシック、ポップス、ジャズ等、全てのジャンルで賞賛を受け、尚且つ、楽曲と楽器の創作もできる唯一無二の演奏家である。

2008年度国際芸術連盟音楽賞、第3回東京サミット音楽コンクール奨励賞を共にオカリーナで受賞。国際芸術連盟専門家会員。日本著作権協会準会員。フォーカリンク株式会社(台湾)エグゼプティブ・ディレクター、台湾オカリーナフィルハーモニー協会理事。韓国パンフルート・オカリナ協会マスタークラス教授。国際オカリーナアンサンブルコンテスト審査員。
イタリア・ブードリオ市名誉賞受賞。山梨市観光大使、山梨県公認の観光大使「やまなし大使」に就任。山梨オカリナ連盟顧問。

Majoring in saxophone in the instrumental performance department of the faculty of music at the Kunitachi College of Music, Satoshi Osawa first discovered the ocarina while still in school. With parents who were jazz musicians and a brother who performs on trumpet and ocarina, he was raised in a musically-blessed environment.

He began his professional career as an ocarina player in October 2004. In 2006 he became the first Asian ocarina player to give a recital in Italy. He subsequently went on to give concerts in seven different countries around the world, including Italy, South Korea, Taiwan, China, Germany, Austria, and the United States. In Japan, he has given recitals at major concert halls such as the Suntory Hall and Tokyo Opera City, and has performed at historical sites, including the Ise Jingu Shrine and Nijo Castle.

Developing a triple ocarina with a three-octave range, he has contributed the global spread of multi-chambered ocarinas. He won the 2008 Japan International League of Artists’ Music Award and was awarded an honorable mention at the third Tokyo Summit Music Competition. He is currently a professional member of the Japan International League of Artists and a member of the All Nippon Players Association. His reputation for expressing music from the soul precedes him as a next-generation ocarina player.

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク