FC2ブログ

さ~っ!明日は銀座山野楽器でのコンサートです!!

昨夜の深夜、久しぶりに帰宅しましたが、今日からまた東京Days!!

東日本大震災直後の初イベントすて不安視されている中、強行的にオカリナフェアーをして頂いて以来の信頼関係にある山野楽器さんでのコンサートです。この場所では常に新しい何かをしたいと強く思ってます。

今回は新ユニットによる新しいピアノトリオで参戦。親友のチェリスト有泉君は、高校卒業後ドイツ語で挨拶も出来ないレベルでドイツの音楽大学でチェロを研鑽。ホールに常設されているパイプオルガンと同じ位の金額という噂の、繊細で迫力ある楽器を自由自在に操っているのは圧巻です。日本の若手チェリストを引っ張っている存在の彼。人間性も僕と近く、まるで兄弟のようです。一緒にいても全く違和感がなく、彼の音楽性にも強く共感できる。僕の中では数少ない貴重な真勇音楽家です。ピアニストはいつもお世話になってる山形県鶴岡市出身で、彼と結婚する前からのお付き合いがあり、有泉という姓に変わってから運命的な再開。運命って不思議ですね。

オカリナでも歴史を変えます。

ご好評頂いています「OSAWA Ocarina」のノーマルタイプを全てマイナーチェンジし、「シリーズ2」として再登場しました。こちらは既に発売中です。外観は変えず、内部設計と仕様を変える事により、吹きやすくなったと思います。

そして、新しいシリーズとして、「OSAWA i Ocarina」シリーズが登場します。既にオカリナの専門誌では少々御披露目されていますが、「やさしい息でやさしい音」を徹底的に追求したトリプレットオカリナです。噂だけではなく、実際吹いてみないとわからないと思いますので、ぜひ、試奏してみて下さい。


さーーーーーー、ここからはサプライズ!!


当初、「OSAWA i Ocarina」のトリプレットオカリナだけの試奏だけがニュースでしたが、

なんとっ!!

「OSAWA i Ocarina Single」のソプラノCからバスCDまで、御披露目できる状態になりました!最大の秘密は「i」シリーズ内の持ち替えであれば、最低音の「ラ」から最高音の「ファ」まで、ほぼ同じやさしい息遣いで吹ける事です。これって、実はシングルオカリナでは当たり前であって欲しいこと。しかし、みなさん、持ち替えて演奏されるシングルオカリナの雄一の欠点ではなかったですか?しかも、トリプル「i」シリーズに持ち替えても、やさしい息の使い方はほぼ同じ。開発中の写真↓

シングルi

そう、演奏者が迷う事がまったくなくしました!

当日並んでいますので、小さい楽器も大きい楽器も同じ息を吹き込んでみて下さい。

鳥肌が立つほど普通に吹ける。
全く持ち替えのストレスを感じない。
本当の普通に出逢えるはずです。

更に新しい「OSAWA Ocarina」シリーズに、

・アルトFトリプル 漆&ナチュラル
・バスCトリプル 漆&ナチュラル
・バスCクワトラブル 漆&ナチュラル

開発中の画像です↓

クワトロ

が、展示され、試奏が可能です!大きいオカリナで息が大変では!?と思われがちですが、、、そこは、

大沢マジックっ!?

これだったら、低いオカリナで旋律できます。チェロを奏でているような温かいサウンド。唱歌や童謡の演奏、しかもヴァイオリンやフルートの楽譜を使用して、かっこいいオブリガートやバリエーションも音域を超えて演奏出来ます。
こちらの是非、試奏してみて下さい。

「OSAWA Ocarina」では以上、14種類の新作発表~~っ!!!!!
「誰もが普通に吹ける真の当たり前を追求した新しいスタンダード」

として、オカリナ作家「大沢聡」としては、更に研鑽していきます。

早く、皆が驚くお顔を見たい!!!!!
皆様のご来場、楽しみにお待ちしています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ocarinista

Author:ocarinista
国立音楽大学音楽学部器楽学科サキソフォーン専攻在学中にオカリーナと出会う。サキソフォーンを服部吉之氏、下地啓二氏、吹奏楽法・音楽表現技法を榊原達氏、ピアノ・ソルフェージュを故 榊原純子氏に師事。2004年10月プロ活動開始し、同年12月波多野杜邦氏制作のトリプレットオカリーナ「イカロス」の提供を受ける。2006年イタリアで東洋人初のリサイタルを開催後世界中から賞賛され、国際的に活動する。2014年6月アメリカニューヨークのカーネギーホールで開催された日米親善オカリナフェスティバルにソロ演奏。国内ではサントリーホール・東京オペラシティ、すみだトリフォニーホールなどの著名ホールでリサイタルを開催し、伊勢神宮・伊弉諾神宮・石山寺・二条城などの歴史遺産でもコンサートを行う。また、作曲家「服部和彦」氏に4曲の楽曲提供を受ける。これまでに国内で8枚・海外で4枚のCD、3枚のDVDを世界的に発表。楽器創作では、2008年5月㈲林楽器商会より「Osawa Noble Ocarina」、2010年4月㈱プリマ楽器より「Osawa Ocarina」、いずれも3オクターブの音域を持つトリプレットオカリーナを全国発表し、複数管オカリーナの世界的普及に貢献する。執筆活動では、2013年6月「絶対!うまくなるオカリナ100のコツ」(ヤマハミュージックメディア)、2014年3月「ダブル&トリプルオカリナ入門」(プリマミュージック)を発表。2016年11月「トリプルオカリナコンサートレパートリー」(プリマミュージック)を2巻同時に発表。作編曲家としては、2012年8月に自身初となる全曲オリジナル曲で構成されたアルバムを発表。クラシック、ポップス、ジャズ等、全てのジャンルで賞賛を受け、尚且つ、楽曲と楽器の創作もできる唯一無二の演奏家である。

2008年度国際芸術連盟音楽賞、第3回東京サミット音楽コンクール奨励賞を共にオカリーナで受賞。国際芸術連盟専門家会員。日本著作権協会準会員。フォーカリンク株式会社(台湾)エグゼプティブ・ディレクター、台湾オカリーナフィルハーモニー協会理事。韓国パンフルート・オカリナ協会マスタークラス教授。国際オカリーナアンサンブルコンテスト審査員。
イタリア・ブードリオ市名誉賞受賞。山梨市観光大使、山梨県公認の観光大使「やまなし大使」に就任。山梨オカリナ連盟顧問。

Majoring in saxophone in the instrumental performance department of the faculty of music at the Kunitachi College of Music, Satoshi Osawa first discovered the ocarina while still in school. With parents who were jazz musicians and a brother who performs on trumpet and ocarina, he was raised in a musically-blessed environment.

He began his professional career as an ocarina player in October 2004. In 2006 he became the first Asian ocarina player to give a recital in Italy. He subsequently went on to give concerts in seven different countries around the world, including Italy, South Korea, Taiwan, China, Germany, Austria, and the United States. In Japan, he has given recitals at major concert halls such as the Suntory Hall and Tokyo Opera City, and has performed at historical sites, including the Ise Jingu Shrine and Nijo Castle.

Developing a triple ocarina with a three-octave range, he has contributed the global spread of multi-chambered ocarinas. He won the 2008 Japan International League of Artists’ Music Award and was awarded an honorable mention at the third Tokyo Summit Music Competition. He is currently a professional member of the Japan International League of Artists and a member of the All Nippon Players Association. His reputation for expressing music from the soul precedes him as a next-generation ocarina player.

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク