FC2ブログ

ニューヨーク、凱旋その2!

だいぶ遅くなりましたが、、、ツアーで参加された皆様と合流してからの旅日記を書きたいと思います。あくまで僕視点で書きます。

まずは、グランドゼロ。この場所であの事件があったのですね。今でも気温とは違う冷たい風が流れている雰囲気でした。

グランドゼロ

この場所は先日公開になったばかり、ニューヨークのどこよりも行きたかった場所に行けて、とても嬉しかった。
そして、自分一人では行けなかった自由の女神を見学。

自由の女神

ここでお会いできた自由の女神。この後の旅の安全と演奏の成功をお願いしている自分がいました。
そして、マンハッタンと言えばセントラルパーク。オノ・ヨーコさんのご自宅の外観を眺めながら公園へ向かいます。そしたら、やはりいました!ビートルズのナンバーを中心に弾き語りしている方。少女が楽しそうに聴いているのが印象深いシーンでした。

セントラルパーク

思い思いの時間を都会の中心で過ごす。ニューヨーカーって本当の天国と地獄を知っているような気がします。。。あくまで僕視点ですよー。

3日間の絶米に耐えられず、途中で麻婆定食っ!日本風にアレンジされていない味は、台湾や中国で食べた時の味と似ていました!大満足っ!!

麻婆

僕はカーネギーホールの翌日の控えたジャズライブの為、現地メンバーとリハーサル。ニューヨークでミュージシャンとして生きるって、こういう事か。。。と、音を重ねるにつれ、ヒシヒシと感じていきます。こんな人たち、日本で探すのは至難の業。この体験を日本での僕のコンサートに行かさなきゃです。メンバーのみんな、ありがとう!!

メンバー

カウントダウンで有名な場所。SMAPがCMを撮ったあの階段で一休みしていたら、1番人気のミュージカルの当日券を買おうとする人の行列が。そこに一人の日本人。僕の生徒さんです!さっ、日本人を探せ!!後から聞いたのですが、チケットはどうやら買えたようです!

探せ

すごい人でしょ。。。ここで結婚式の写真を撮るカップルもいました。。。

結婚

さて、カーネギーホール前日、僕のアメリカ初演奏のライブ会場へ向かいます!

夜の

ちなみにこれは夜8時位。そう、遅くまで明るいんです。

ライブが始まり!白崎さんのライブにゲスト出演してきます!
久しぶりにめっちゃ緊張しましたが、会場の皆様の驚きが今でも忘れられません。

白崎さんらいぶ

アメリカでも僕のオカリナで喜んで下さる方が沢山いることを実感。ここに移住しようかと考え始めます。。。

そして、翌日、カーネギーホール!!!!
到着するやいなや、チケット完売と書いた巨大ポスターがっ!!

カーネギーポスター前

毎日が僕の歴史に刻まれる、大きな出来事に脳みそが破裂しそうでした。
ここを入ると楽屋、舞台へつながります。

入り口

館内は完全に撮影禁止だったので、演奏しているような、いい場面は撮れませんでした。。。

僕のグループの方々は北は山形、南は熊本まで全国に散らばっていますので、ここまで一度もリハーサルができません。そのことを想定において、アレンジとカラオケと作成してお配りし、それぞれに練習して頂いたものを当日合わせるという過酷なものでした。同じOSAWAismを胸に秘めた仲間。僕はその魂だけを信用してステージに立ちました。選曲&アレンジも、「泣かせてから騒がせる」をコンセプトにカーネギーだからクラシックという概念を吹き飛ばしたものにした結果、会場のアメリカ人が泣くw叫ぶw、踊り出すw!!ステージと客席の境目が見えなく成る程盛り上がって、感動のステージが終わって、僕のソロ演奏まで熱が冷めなかった事を記憶しています。

僕のソロ演奏では、クラシックもジャズでも作曲をされている尊敬する作曲家、ジョージ・ガーシュインの「ラプソディ・イン・ブルー」を軸にプログラミング。やりました!!


「生きていてよかった。」


この一言が感想です。


「生きてさえいれば、いつかいいことある。」


次にもこの一言しか出ません。

明日のライブもこの調子で頑張るぞーっ!と心に決めて、ホテルへ戻りました。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ocarinista

Author:ocarinista
国立音楽大学音楽学部器楽学科サキソフォーン専攻在学中にオカリーナと出会う。サキソフォーンを服部吉之氏、下地啓二氏、吹奏楽法・音楽表現技法を榊原達氏、ピアノ・ソルフェージュを故 榊原純子氏に師事。2004年10月プロ活動開始し、同年12月波多野杜邦氏制作のトリプレットオカリーナ「イカロス」の提供を受ける。2006年イタリアで東洋人初のリサイタルを開催後世界中から賞賛され、国際的に活動する。2014年6月アメリカニューヨークのカーネギーホールで開催された日米親善オカリナフェスティバルにソロ演奏。国内ではサントリーホール・東京オペラシティ、すみだトリフォニーホールなどの著名ホールでリサイタルを開催し、伊勢神宮・伊弉諾神宮・石山寺・二条城などの歴史遺産でもコンサートを行う。また、作曲家「服部和彦」氏に4曲の楽曲提供を受ける。これまでに国内で8枚・海外で4枚のCD、3枚のDVDを世界的に発表。楽器創作では、2008年5月㈲林楽器商会より「Osawa Noble Ocarina」、2010年4月㈱プリマ楽器より「Osawa Ocarina」、いずれも3オクターブの音域を持つトリプレットオカリーナを全国発表し、複数管オカリーナの世界的普及に貢献する。執筆活動では、2013年6月「絶対!うまくなるオカリナ100のコツ」(ヤマハミュージックメディア)、2014年3月「ダブル&トリプルオカリナ入門」(プリマミュージック)を発表。2016年11月「トリプルオカリナコンサートレパートリー」(プリマミュージック)を2巻同時に発表。作編曲家としては、2012年8月に自身初となる全曲オリジナル曲で構成されたアルバムを発表。クラシック、ポップス、ジャズ等、全てのジャンルで賞賛を受け、尚且つ、楽曲と楽器の創作もできる唯一無二の演奏家である。

2008年度国際芸術連盟音楽賞、第3回東京サミット音楽コンクール奨励賞を共にオカリーナで受賞。国際芸術連盟専門家会員。日本著作権協会準会員。フォーカリンク株式会社(台湾)エグゼプティブ・ディレクター、台湾オカリーナフィルハーモニー協会理事。韓国パンフルート・オカリナ協会マスタークラス教授。国際オカリーナアンサンブルコンテスト審査員。
イタリア・ブードリオ市名誉賞受賞。山梨市観光大使、山梨県公認の観光大使「やまなし大使」に就任。山梨オカリナ連盟顧問。

Majoring in saxophone in the instrumental performance department of the faculty of music at the Kunitachi College of Music, Satoshi Osawa first discovered the ocarina while still in school. With parents who were jazz musicians and a brother who performs on trumpet and ocarina, he was raised in a musically-blessed environment.

He began his professional career as an ocarina player in October 2004. In 2006 he became the first Asian ocarina player to give a recital in Italy. He subsequently went on to give concerts in seven different countries around the world, including Italy, South Korea, Taiwan, China, Germany, Austria, and the United States. In Japan, he has given recitals at major concert halls such as the Suntory Hall and Tokyo Opera City, and has performed at historical sites, including the Ise Jingu Shrine and Nijo Castle.

Developing a triple ocarina with a three-octave range, he has contributed the global spread of multi-chambered ocarinas. He won the 2008 Japan International League of Artists’ Music Award and was awarded an honorable mention at the third Tokyo Summit Music Competition. He is currently a professional member of the Japan International League of Artists and a member of the All Nippon Players Association. His reputation for expressing music from the soul precedes him as a next-generation ocarina player.

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク